スポンサードリンク

      2018/02/15

上京して一人暮らしを始める総費用は10万円あれば十分でした!

 
living alone

この記事を書いている人 - WRITER -
雑記ブログです。ビビッと来たものがあれば紹介したりもします。日々の発見をどんどん発信、なんでも書きます!

どうも、まきへです。

一人暮らしの費用は最低限いくらあればできるのかって気になってる人多いですよね。

特に上京して夢を追いたい人とかね。

僕は20歳の時に成人したし一人でなんでもできるということで上京して一人暮らしを始めました。

その時にかかった総費用は10万円以下です!

正確には10万円程度しか貯金がなかったので、その金額でやるしかなかったんですよね。

でも所持金10万円でも上京して一人暮らしを始められたので体験談として書いていきます!

ちなみに、もっと言えば所持金0円でも可能です。

結局引っ越しの際の必要資金っていうのはあればあるだけ最初が楽になるってだけなんですよね

 

 引っ越しの際に必要な初期費用 賃貸契約料は先延ばしにする!

procrastination

まず、引っ越しの際に必ず必要になるのは賃貸契約の初期費用ですよね。

家賃、翌月分家賃、クリーニング代、鍵交換代etc…

敷金礼金にもよりますが、翌月分の家賃まで含めて20万円以下で済む物件はたくさんあります。

僕が契約した際の初期費用は23万でした。

この料金はもちろん手持ちがないので、全部クレジットカードで切って先延ばしにしました。

こういうことができるので賃貸契約料は手持ちがなくてもどうとでもなります。

一応クレジットカードは必須になります。手持ち金がない場合にクレジットカードがあればどうにかできる事が多いので1枚は持っておいた方がいいです。

楽天カードは最初に5,000円分のポイントがもらえるので所持金が頼りないなら凄いおすすめです。

普段使いにおすすめなクレジットカード「楽天カードの3つのメリット」
どうも、魔法のカードを乱用しちゃうまきへです。クレジットカードには実用的な特典が多いものからステータス性のあるカードまで様々です。審査が厳しいカードだと持っ...

分割で無理のない金額にすれば全然返せますし、リボ払いを使えばどれだけでも引き延ばせます。

※リボ払いは金利が高いのでおすすめしません!

20万円程度なら分割にしてもすぐ返せますよね。

都内ならバイトでも時給1,000円以上が当たり前なので1日8時間の週5勤務でもすぐです。

 

賃貸契約に必要な勤務先 無職でも物件は借りられます!

unemployed

物件を借りるのに無職だと絶対に借りられないと思っている人は多いです。

僕も地元で働いていた会社を退職した後に物件探しを始めたので無職状態だったんですよね。

実際、確かに無職状態だと借りられない物件は多いです。

でも無職状態でも借りられる物件だっていくらでもあります。

不動産屋に行って最初にまだ職が決まっていない事を伝えるとお堅い不動産だと門前払いされます。

それでも物件を紹介してくれる不動産も普通にあるので、不動産屋を回る手間が少し増えるだけです!

じゃなきゃ上京って相当難しいことになりますよね。

職を決めるのにも住所が必要で、物件借りるのにも職が必要って八方塞がりだし。

逆に職を決めてから物件を借りるパターンも多いと思います。というかこっちの方が楽かも。

どっちにしても、物件を契約して上京することに関して手持ち金は0で十分可能ということです。

現在の住まいが移住先から遠い場合は交通費だけはもちろん必要ですけどね。

 

 上京後の生活費 最低限必要な所持金はこれだけです!

cost of living

僕みたいに賃貸を先に契約して職がまだ決まっていない人はすぐに職探しです。

都内ならバイトは即日契約当たり前ですし、給与の振り込みだって考慮してくれる所も多いです。

僕も即日契約して翌日から働き始めて、生活費すらなかったので最初は日当でもらっていました。

店長 「よし、採用ね!今から働いていく?」

僕 「明日からでオナシャス…」

こんな感じ。

でも今思えばこの生活費すらクレジットカードで先伸ばしにできますね。

あとは家具家電がどれくらい必要かです。

最低限必要なのって炊飯器、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジくらいですよね?

ここに5万円程度かかっただけなので所持金が10万円もなくても十分可能でした。

さらに言うならこれさえもクレジットカードでも先伸ばしにもできます。

そうすれば所持金は完全に移住の交通費だけで十分ですね

ただ、そこまですると最初はたくさん働かないと生活が苦しくなっちゃいます。

それでも普通にバイトしていれば日が経つにつれて生活は楽になっていくんですけどね!

僕は上京した時点で所持金53円だったので、さすがに不安で週6でバイトを入れてたら月収24万~28万程度になってお金も余るようになりました。

都内は仕事が溢れてる分、人も溢れてるって言いますがそれでも仕事は溢れてます。

移住さえしちゃえばどうとでもなるし、その移住費用だって先延ばしにすればいいだけなので必要なのは行動力だけです。

よく上京して一人暮らしをするのに100万円とか最低限30万円とか言いますが、それは相当余裕を持っています。

それくらいあると移住して正社員で職を見つけるまで2~3か月働かない状況が可能になります。

最初からフリーターとして上京するなら費用なんて一切必要ないです。

あればあるだけ安心感があるだけです。

確かに所持金がないと不安ですが、行動すればどうとでもなるので行動しちゃいましょう!

 

想定外のパターン 財布を落とした!

unexpected

もはや上京とも一人暮らしとも関係ありませんが、上京して少し経った頃に財布を落としました!

所持金が少し増えて余裕が見えた頃でしたが、Suicaも入っていて身動きが取れなくなり完全に詰んだ…と思ってバイト先に連絡しました。

僕 「すみません、財布とSuicaを落としちゃって出勤できません/(^o^)\」

店長 「じゃあ1,000円送るからそれで出勤して、バイト代は日当でとりあえず払うね」

解決!!!

結局財布は見つかりませんでしたが、こんな不幸なパターンが起きたってどうとでもなります。

僕は今まで後先考えずに行動してきましたが、正直どうにもならない状況って滅多にないですよ。

「都内の人は冷たい」

ってよく言いますけど、正確には「全くの他人に関心があまりない」です。

駅のホームで隣に座ってる人に対してとかね。

普通に会話している人なり、バイトなり、関わりを持っている人に対しては冷たくないです。

地方の人が全くの他人に対しても温かすぎるだけです。

人間って意外と良い人が多いですよ!

思いつきで行動するタイプなので身を持って実証というか経験してるので間違いないです。

もし上京なり一人暮らしをしようと思っている人がいたらぜひ参考にして下さい!

本当に移住に必要なのって行動力だけなので。

それでは、今回はこの辺でーっ!

ばいっ!

この記事を書いている人 - WRITER -
雑記ブログです。ビビッと来たものがあれば紹介したりもします。日々の発見をどんどん発信、なんでも書きます!

スポンサードリンク


Copyright© まきぱすブログ , 2017 All Rights Reserved.